So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

かなしくてさみしいこと [ちょっとしたつぶやき]

ももんが実家には、ももんがの結婚前から飼っている犬がいた。
彼の名はばろん。
彼が先日逝ってしまった。

ばろんは実家で飼った3代目のわんこで、ペットショップで売り時をちょっとすぎてしまった生後4か月で見つけたわんこだった。
一般的に犬は生後2か月くらいで飼いだすと、しつけもしやすい。それが4か月目ともなると、けっこう大変だと言われている。
ばろんは、甘えん坊で素直でいい子だった。
問題はトイレトレーニングだった。
家の中のトイレシートでのおしっこ等のしつけはすぐにできたし、お手もできたけど、外で排尿排便をできない。
どうもトイレシート以外ではしてはいけないと思っていたらしい。
夜はももんがの部屋で一緒のふとんで寝ていたのだけど、朝彼の吠える声を聴きながら起きださないでいると

ジョーーーーーーー 

!?まさか!!!と思って飛び起きたら、掛布団の上に大きな水たまりが(ー_ー)!!(それも5回くらい)
休日に朝から夕方まで父親が外に連れ出しても、外でおしっこできず、夕方家に帰ってきたら、猛烈な勢いでトイレシートまで
走って行って、どこに溜めてたんだ??というくらいのおしっこをしたり・・・。
このままではいけないし、どうしようと思ってたある朝、ばろんより早く起きだして、急いで抱いてばろんを庭に連れて行き、
地面に置いてやった。
その日、朝、初めて屋外でおしっこができた瞬間だった。
くちゃくちゃになるくらい撫でて抱きしめてほめてやったら、その日から、ちゃんと外でできるようになったのだ。

ももんがにとっては兄弟のような子供のような存在、両親にとっては孫、もしくは年とってからできた子供みたいなものだった。
それから15年と9か月あまり、ももんが実家で家族としてなくてはならない存在だった。
ちびももが生まれて、退院後実家に帰った。ももんがと仲良しばろんだっただけに、ちびももにちょっかい出さないか、とか
ちょっと心配していたんだけど、ちょっかい出すどころか、やさしそうに大事そうにそばで見守ってくれていた。
病気をしたりしたけれど、いつもかわいく元気に、ずっとずっとももんがたちを見守ってくれていた。

昨年夏場くらいから足腰が弱りだして、11月末、急に血尿が出て餌を食べなくなった。
獣医さんでぼうこうに結石がたくさんできていて、ひどい炎症をおこしていると言われた。
カテーテルを入れてもらい、数日でちょっと元気を取り戻した。
毎日父は膀胱洗浄をしていた。自分では立ち上がれないことが増えていたので、
ももんがもできるだけ、母が出かけるときには実家に行った。父も仕事の合間に家の方に戻ってきていた。
そんな日が続いて2か月足らず、ある日何も食べなくなった。
週末でももんがは実家に行くことができず、明けた月曜日に行ってばろんが急激に弱っていることに驚いた。
それからばろんはどんどん弱っていった。体重も軽くなり水も飲めなくなった。
水曜日、朝から意識がもうろうとしているようだった。何もできない。静かに見守るしかできない。
ただ、できれば家族がそろっているときに見送ってやりたかった。
(実家の1代目・2代目の犬は、残念ながらその瞬間に誰もそばにいてやれなかった。)
昼休みに父が戻ってきて、出かけていた母が珍しく早めに帰宅した。
その数分後、彼は3人に見守られて逝ってしまった。
命の火が消える瞬間をちゃんと3人で見送らせてくれた。
最期は苦しそうにして、いかにもおじいちゃん犬だったけど、死んでしまった後のばろんは若い時のようにかわいかった。
翌日、午後父と二人でばろんを火葬してもらいに行った。
白い布団に寝かされたばろんが、ほんとうに神々しくかわいらしかった。

父はばろんがいなくなってから、時間を持て余している。
仕事中、家の方に戻ってもたまらなくさみしくなるようだ。
それは私も同じ。ばろんのいない空間が悲しい。
ペットを飼っていない人にはわからない感覚かもしれないし、飼っていてももっと割り切っている人もいる。
いつもいた家族がいなくなってしまった。それには人間でも動物でも同じ。
これからは父としゃべりに、実家にちょくちょく行ってあげようと思っている。

最後に、ばろん、本当に本当にしあわせな時間をありがとう。


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

遅ればせながら・・・ [ちょっとしたつぶやき]

明けましておめでとうございます。今年はもう少しまめにアップしていけたらなあ・・・と思っています。

本年もよろしくお願いします。

 

昨年は自分の言動とか、他者とのかかわりに悩んでしまった一年で、ももんがには試練の一年。

今年は自分にとって大切な関係や今後もつながっていきたい人との関係を大切にしつつ

妙に八方美人的行動をとらないようにしていこうかなあ・・・と思っている。

なんとなく、自分の愛想のよさに自分で首を絞めている感があるなあと反省していて

嫌われたくないという感情はないのに、妙に周りに申し訳なく思ったりしてたりして、

何を守ろうとしてるのか自分でも訳が分からなくなることもあった昨年。

今年は、もう少しドライにさっぱりいきたいな。

今年の大きな目標のひとつです。

ちびももを大切にし、自分を大切にし、いい時間を過ごせたらなあといろいろ思案中。

みなさん、お互いにがんばりましょう(*^^)v


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ちびももからのプレゼント [こども]

先週はももんがの誕生日

前日学校から帰宅したちびもも、自分の左手の甲に

「たんじょうび」とメモ書きしていた。

さすがにオープンすぎて、誰かお友達のことかと思っていた。

学校から帰宅してすぐに紙コップで何か作り始めた。

しばらくして、「ねえねえ、バースデイって英語でどうやって書くの?」と

聞きに来たので、教えてやるとその通りに書くちびもも。

誰かにあげるんだ。かわいいプレゼントでよかったなあ・・・と思っていた。

で、翌日、ももんがの誕生日の明け方、なぜかちびももが夢うつつのももんが横で、起きだして、枕元に何か置いた。

ももんがはそのまままた爆睡。

2013誕生日.jpg朝、アラームで目覚めて起きだすと、枕元にこれが置いてあった。

あー、これは、ももんがへのプレゼントだったんだぁ!と感動しつつ

中身を見てみると、小さなシール袋に、200円と直径2ミリの小さなゴミ。

?????????????

「これはなあに?」と聞くと、嬉しそうに照れくさそうに

「これ!!」と見せてくれたカード。

以前遊園地の「宝探し」というコーナーで泥の中から見つけ出した

何かの原石らしい。

サファイアだよ。9月の誕生石だよ(*^^)v」

「ありがとう(*^_^*)」と、ちびももとハグハグ(^^)

さすがにゴミのような原石だけでは^_^;と思いおまけでつけた200円。

使うのももったいなくて、そのまま台所に飾ってある。

ちびももがたまらなくかわいくて、その後も仲良し母子で毎日を過ごしている。

ちびもも、ありがとう。

で、シミの43歳、アタシ、お誕生日おめでとう!!

 


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

永遠の0 [趣味]

ここ数日、読みたくて置いていた本がたまっていて、その中から選んで読んでいます。
父親文庫から借りてきた「海底二万里」「釈迦物語」を2日で讀みきった。

海底二万里は、まあ、ご存知の方も多いだろうし、父と「どんな話だっけねえ???」と言っていたのがもとで読んだ本だったから、置いておいて、釈迦物語は「中道-その人にとって、0でなく100でなくちょうどいいところ」が大事だと教えてくれた・・・。多分。

で、迷って次に選んだのは「永遠の0」。この本、読みたくて買ったものの、どうも躊躇して手を付けられなかった一冊。
読み始めてから、なんだかずっとうるうるしていたけど、終わりに近づくにつれ、世間で言われるような号泣はなかった。号泣できなかったというか・・・。
私の祖父は二人とも戦争経験者。どちらも大らかで明るい人だったけれど、一人は私の弟が作ったゼロ戦のプラモデルを見て「特攻隊で亡くなった親友を思い出す」と孫の目の前で号泣した人。もう一人はシベリア抑留経験者でした。どちらも戦争について多くを語りませんでした。
そんな祖父が返ってきたときの話を淡々としてくれた両親のことも思い出しました。
小説に出てくる人たちがそんな祖父や両親たちに重なってしまったのかもしれない・・・。身内にさえも語れない苦しみを一生抱えていくのはどれだけつらいんだろうと、そんなことばかり考えてしまいました。
そして、自分がいかに平和で安穏として生きているのを思い知らされたりして。
でも、だからこそ、自分に与えられた時間も幸せも大切にしていきたい。

小説だけでなく、きちんとした資料で、戦争のことを知りたいなあ・・・。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

臓器移植 [こども]

先日ドラマ「救命救急病棟24時」をちびももと観ていた。

次回予告で10歳の少年が脳死状態で臓器移植の決断をせまられる親のシーンを観て、

(予告なのに(^^;))涙していたら、ちびももがティッシュを持ってきてくれた。


 「臓器移植って何?」と聞くので、脳死状態について説明して、臓器移植の必要性も説明。

自分に万一のことがあったら、眼球以外は臓器移植してもらっていいこと、脳死状態での延命措置も

必要ないことを覚えていてほしいと話した。


でも、もしちびももがそういう状態になっても、親として臓器移植に協力できないかもなぁ…と話していたら、

しがみついてとうとう泣き始めた

 絶対いなくなったりしないから大丈夫だと話したものの、寝間に移動して寝ようと言ってもなかなか寝付かない。


 普段あっさりしてるちびもものこの反応にちょっと驚きつつ、「ありがとう」と言ったら、

ほっぺが擦り切れそうなほど、すりすりしながら眠ってしまった。

 

翌週、次の回を一緒に観ていたら、ももんががぐすっっと鼻をすすりだした途端にティッシュを持ってきてくれた。

特に何も語らず、ただ、二人でドラマを観て、二人で静かに仲良く眠った。


 娘のためにも健康第一(^^)


しっかり見守ってやりたいなあ…(^^)

 


nice!(4)  コメント(2) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。